病理検査とは


病気の診断や原因の究明を目的として、人体から採取した病変の組織や細胞から顕微鏡標本(プレパラート)を作り、顕微鏡で観察して詳しい診断をする検査です。
病理検査は、検体の種類や採取方法により「細胞診検査」と「組織検査」に分けられます。 当院では特に癌の診断に重要な組織検査を行います。
組織検査は、内視鏡や手術により摘出された組織の標本を作成し、顕微鏡で観察しますが、 検体種類により、「生検材料」と「手術材料」の検査があります。
生検検体は、病気の確定診断の目的で内視鏡で採取した胃や大腸の一部を採取します。
手術検体は、治療の為に切除した臓器から腫瘍の大きさや進行度、リンパ節転移の有無などを調べて、癌が完全に切除されているかを診断します。
当院では、熟練した病理検査技師が「生検材料」、「手術材料」の両者を、非常に薄い標本(切片)にして、各種の染色を行い病理医の顕微鏡観察に回します。当院では3名の病理医が診断を担当し、材料を提出した医師とディスカッションを交えて結果の報告をする一貫した体制をとっております。生検材料や手術材料は病院のみならず、附属の3つのクリニックのものも集約されており、治療への判断材料としております。